マルチコプターによる航空測量に興味がありますか?

マルチコプタージャパン の約束

高品質な写真

デジタル一眼レフカメラ・ミラーレス一眼で高画質・高品質な写真を撮影。

安定した機体

空撮に使用する機体は、全て、安定したフライトに定評のDJI製。様々なシチュエーションにより、機体をお選び頂けます。

安心の複数オペレーター

機体の操縦のみ、カメラ操作のみ、測量士や安全確認のみ。複数オペレーターで安全・安心・高品質の空撮。

年間フライト数は500回

空中写真計測、映像・写真の空撮、全てを合わせると年間500回以上のフライトを行っております。墜落や事故は1件もありません。

点群データ

非常に詳細でクオリティの高い、色付き頂点の点群データをご提供。様々な3D CADソフトやフィルタリングソフトに対応。

全国に対応

横浜、神戸、福岡に拠点を設けているので、日本全国ドコへでもお伺い致します。

御社の「航空測量部」になります!

御社の 「航空測量部」になります!

「ドローンによるi-Constructionに対応したいけれど、機体への投資が難しい…」
「フライトする技術や法律、機体について知識がない…」
「空撮、点群生成、3次元データからの横断作成…正直、全然、わからない…」

ご安心下さい!
機体は全て弊社が所有している機体を利用し、御社の「航空測量部」として、弊社を利用してください!
もちろん、弊社のお名前は出さず、全ての航空測量業務を、御社のスタッフ「航空測量部」として活動させて下さい!

年間で約300件超の「航空測量」業務・フライト数にして約1000フライト超を「マルチコプター(ドローン)」で行っています。
弊社から外注は一切出しません!
全て弊社のスタッフが、弊社の機材を利用し、「御社の成果」として120%ご満足頂ける点群データを生成する自信がなります!
しかも安心の「全国対応」!
まずは、お気軽にメールにてお問い合わせください!
折り返し、担当者よりご連絡させて頂きます!

会社 概要

マルチコプタージャパン株式会社
マルチコプター(ドローン)による空撮と販売を行っております。
マルチコプタージャパン株式会社

〒246-0038 神奈川県横浜市瀬谷区宮沢4-9-5 / 代表取締役社長 大城 康明 / http://multicopter.jpn.com / support@multicopter.jpn.com

一流 操縦士 だからこそ依頼があります!

ドローンを操縦する会社は沢山あるのに何故マルチコプタージャパンが選ばれているのか?
それは「操縦の技量」が圧倒的に違うからです!

2014年11月/日本テレビ「ZIP!」出演
2015年1月/日本テレビ「ZIP!」正月特番・空撮
2015年4月/日本テレビ「ZIP!」出演
2015年4月/共同通信社 各新聞社向けの取材
2016年1月/神奈川県で初となるドローンによる大規模災害発生の際の支援に関する協定を瀬谷警察署と締結 [特集ページ]
2016年5月/日本テレビ「世界一受けたい授業」出演 [特集ページ]
2016年6月/日本テレビ「Oha!4 NEWS LIVE」出演 [特集ページ]
2016年8月/日本テレビ「24時間テレビ」QRコード企画・空撮【生中継】
2016年9月/御嶽山・遭難者捜索 [朝日新聞]
2016年9月/TBS「がっちりマンデー!!」出演

元テレビ局員、元ケーブルテレビ局員としての「番組スタッフが欲しい映像」の絵と構図がわかります!
機体の操縦が出来て、カメラワークも出来るので、「今、機体がどの方向に進んでいるから、どの向きにカメラを振れば、どのような映像が撮れるかわかる」
なので、各メディア様が大変ご納得されて空撮の映像を撮影して欲しいとご依頼があります!

何故「手動操縦」に重点を置いているのか

万が一の際 機体を安全に回避 出来る操縦技術があるからです

「今どきドローン操縦は完全自動航行が主流でしょ?」
確かに、仰る通りです!
特に航空測量や計測などではウェイポイントの機能を利用して「離陸から着陸まで完全自動航行が可能」なのです!

なのに何故、マルチコプタージャパンへの依頼が多いか?

それは「万が一の際のリカバリーが出来ない」からです。
特に地方(いわゆる田舎)では、航行中、鷹や鳶による奇襲が多く、完全自動航行だと奇襲に避けるコトが出来ず、墜落してしまう報告が多数あります。
また、「機体の不調」に気づかず、航行中、整備不良で墜落・操縦不能になる報告もあります。

操縦士・大城 智広は、元DJIの社員です。
機体の不調は瞬時に判断可能です。
完全自動航行中、鷹や鳶が近づいてきたら、察知し、手動に切替えて逃げるコトが出来ます。
完全自動航行が途中で終わってしまった場合でも、逃げた後に、引き続き、手動で残りのコースを撮影しますので、撮影・フライト時間のロスを少なくし、墜落の可能性を1%でも少なくします。

簡単なようで、意外と難しいです。
なので、毎回、マルチコプタージャパンへ依頼するのではなく
・高低差が激しいような山岳地帯で完全自動航行が難しい場合
・国や地方自治体の方々が「見学」されるような緊張するシチュエーション
・人口密集地域、夜間撮影など、自社でフライト許可が得られていない場合
…など「特別な案件」だけ依頼をされる方が多いです。

マルチコプター(ドローン)の販売・講習会

マルチコプタージャパンでは空撮だけではなく、マルチコプター本体やパーツ・バッテリーなども販売しており、安全にフライト出来るよう、全国で安全講習会も行っております。

マルチコプタージャパンスキル

  • 操縦の技術

  • 空撮の品質

  • フットワークの軽さ

  • 料金

マルチコプタージャパンのスキル

空撮流れ

打ち合わせ

どのような空撮を、ドコで行いたいか、予算などのご相談をします。

飛行申請

国土交通省や警察など、申請が必要な場所は飛行プランを申請します。

空撮

マルチコプターによる空撮を行います。

マルチコプタージャパンで 利用する機体

マルチコプタージャパンで利用するマルチコプター(ドローン)は、全て DJI 製。安定・操縦のしやすさ・セッティング・メンテナンス… どれをとっても素晴らしい機体です。代表の大城が元DJI社員で、DJI製品に精通しているというのも理由です。

S1000+

DJI S1000+

Panasonic DMC-GH4

さらに詳しく
DJI INSPIRE 1

DJI INSPIRE 1

ZENMUSE X3

さらに詳しく
DJI Matrice 100

DJI Matrice 100

ZENMUSE X3

さらに詳しく
DJI F550

DJI F550

GoPro HERO 4 / 3+

さらに詳しく

心に残る格言

もう1度お尋ねします。マルチコプターによる航空測量に興味がありますか?

作品実績

映像、そして写真。最高のクオリティを求めて。

見ていて気持ちの良い映像や、点群データを出す為の写真。最高品質のクオリティを求めて、日々、努力しております。その努力した結果の一部をご覧ください。

私達は最高の空撮を求めています

3次元計測には、どの機体で、どのカメラを利用し、どれくらいの絞りが妥当で、どの程度のシャッタースピードか。「素晴らしい!」と、つい言葉を発してしまうような映像。「どのようにして撮影したのですか?」と質問されるような写真。マルチコプター(ドローン)を機体のオペレーターと、それぞれの分野で活躍するカメラマンを手配し、安全確認の為だけの要員を用意し、万が一の場合も対人対物5億円の保険をご用意。「最高の空撮」を求める為に、私達は日々、勉強と努力を重ねています。

Excellent +

空撮に関するお問い合わせですか?コチラからどうぞ!